ブログ

ホーム > 科学のお話 > 木星はなぜ大きい


科学のお話

2018年3月4日(日)

木星はなぜ大きい

3階から見た様子(太陽,水星,金星,地球,火星,木星,土星)

 科学館のプラネタリウム入口へ上がる階段(3階から4階へ)の途中の壁に,太陽系内の天体が描かれていることにお気づきでしょうか。太陽と8個の惑星、そして準惑星である冥王星(2006年までは惑星でした)の10個の天体について、各々の大きさを同縮尺(およそ1億分の1)で描いています(なお、天体間の距離は考慮していません)。
 ここで惑星の大きさを比べると、一番大きい惑星は木星で、その次は土星,そして一番小さな惑星は水星であることがわかります。さらに,この壁に描かれた惑星をよく観察すると,大きさの違いにより、水星・金星・地球・火星のグループ、木星・土星のグループ、そして天王星・海王星のグループのように,3グループに分けることができ,それぞれ,地球型惑星,木星型惑星,そして天王星型惑星と呼んでいます。これらのグループは,大きさの違い以外に,惑星を作っている成分にも違いがあります。地球型惑星は主に岩石,木星型惑星はガス(気体),そして天王星型惑星は主に氷から作られています。この成分の違いや,惑星の大きさの違いは,太陽系がどのように作られてきたかを考えると理解することができます。

踊り場から見た様子(土星,天王星,海王星,冥王星)

ページトップへ


ブログ

科学のお話