ブログ

ホーム > 科学のお話 > 文化財を科学する


科学のお話

2018年8月4日(土)

文化財を科学する

 祖先がつくり、今に伝わった文化的な遺産である文化財は、未来へ残し伝えていくべき、大切な人類のメッセージです。過去のことを知ることができるだけでなく、人類の未来のためにも大切にして残していかなければいけません。
 ただ、何百年、何千年という時を超えてきたものはとても壊れやすくなっているため、時には修理が必要になります。
 また、発掘調査で出土したものは、突然空気にふれると、一気に壊れてしまうものも多く、どのように修理し、長持ちさせていくのかを考えるためにも、文化財の科学分析が必要となります。
文化財を調べるには、大きく分けて「非破壊調査」と「破壊調査(サンプリング調査)」という2つの方法があります。
「非破壊調査」は、文化財を壊さずに調べるやり方で、最もよく使われるのが「光」を中心とした電磁波を使う方法です。使われる光は、目に見える光(可視光線)だけではありません。目に見えない光(赤外線、紫外線)やX線などを使うことでも、文化財を調べることができるのです。

赤色の光より少し波長が長い光を「赤外線」といい、紫色の光より少し波長が短い光を「紫外線」といいます。これらの光は目では見えません。

ページトップへ


ブログ

科学のお話