事業・イベント案内

ホーム > 事業・イベント案内 > 星空に親しむ(プラネタリウム) > プラネタリウム投影機


プラネタリウム投影機

光学式プラネタリウム投影機「MS-20AT」

1980年の開館にあわせて設置された本機は、当時国内最大級のプラネタリウムでした。直径20mのドームスクリーンに対応するプラネタリウム投影機として、コニカミノルタプラネタリウム(当時のミノルタカメラ)が初めて製造した機種で、本機はその1号機にあたります。MS-20ATは最終的に3台製造され、黒部市吉田科学館(富山県)と本機の2台が、現在も活躍しています。

当館のMS-20ATは1980年の設置後、1994年にオーバーホールを実施。1998年には制御系統の更新にあわせて、星を描写するもとになる「恒星原版」(写真右下)を一新しました。

この度のリニューアルでは、前回をはるかに上回る規模のオーバーホールを実施。惑星投影機の複雑な運動機構までも分解し、投影機全体をリフレッシュしました。また制御系を完全電子制御化したことで、一部の星に瞬き機能が備わるなど、演出能力が向上しました。さらにランプをLED化したことで、より正確な色再現と高照度化を実現。恒星原版もこれに最適化したものに刷新したことで、最新機種に勝るとも劣らない美しい星空を再現できるようになりました。

定評あるMS-20ATの星像にさらに磨きがかかり、華やかでありながら心落ち着く、何度見ても飽きない星空が映し出されます。

【主な仕様】
型式: MS-20AT(コニカミノルタプラネタリウム)
設置年:1980年
恒星数:約1万6千個
天の川描画星数:約38万個
ブライトスター投影機:20個
その他の付属投影機:超新星,方位,座標線(赤道・赤道グリッド・黄道・子午線・方位角) 他

ページトップへ


事業・イベント案内

科学のお話

ピョン太のひとりごと